番組審議会

第12回株式会社FM島田番組審議会議事録

出席者
北島享委員長
河井孝仁副委員長
平野なおみ委員
加藤太二委員
田中久美江委員
仲安寛委員

FM島田 代表取締役社長 内藤洋一、
局長代理 中根弘貴

開会: 株式会社FM島田番組審議会は平成22年8月11日午後1時30分より、プラザおおるり第6会議室にて開催。北島享審議会委員長より開会が宣言された。

議題1  審議番組について

平日の月曜日から金曜日の午後0時5分から生放送しているコーナー「島田市インフォメーション」が審議された。
加藤委員「情報が多く、片手間では内容を把握できないかもしれません。情報誌など書かれたものを手にして内容を説明する程度でも良いのではないか。お母さま方という表現があったが、保護者とかの表現にした方が良い。電話番号の案内に#8000番というのがあったが、掛からない電話もあるので、一般の電話番号も紹介を加えた方が良い」。
田中委員「内容は良いと思う。熱中症も参考になった。」
平野委員「子育て世代を対象にした内容は良かった。話しを段落分けにして柱をはじめに説明した方が分かりやすくなるのではないか。他の日のインフォメーションは早口の人もいるので、20分というのは難しい時もあります。再放送をしてくれるのは良いと思う。」
仲安委員「ポイントを絞る必要性はあるかもしれません。紙面での広報はあるが、音、声としての広報、FMは意義のあるものだと思います。」
河井副委員長「情報が結構多いのですね。もう少しパーソナリティが前面に出たら良いのではないか。いつの間にか話しの内容が変わっています。地域支援の会に入会するメリット等の材料が必要。紙面とかウェブとかに誘導したらどうか。」
加藤委員「女性のゲストの時は男性の聞き手にしたらどうか。」
また、FM島田が取材をしている情報誌について、
河井副委員長「読みごたえがあって良い」
仲安委員「島田市としては、国の緊急雇用事業でやっています。歴史や地域の人をテーマにしてもらっています。」などの意見が出た。
全員が了承をした。

報告1  10月からの番組編成について

事務局が検討中の編成案を説明。
河井副委員長「高校生等と制作をするとあるが、そのような場を提供してあげます、と呼び掛け、学校や大学に出して反応を見たらどうか。放送部に限らず、サークルも出来るかもしれないですね。」
田中委員「大きめの番組表を作ってほしいです。貼っておけるような。」
との意見や要望が出された。

次回、第13回番組審議会は、平成22年10月18日午後2時より開催を予定。
以上、1議題の了承を得て第12回株式会社FM島田番組審議会を午後2時45分に閉会した。上記の議事の結果を証するため、ここに議事録を作成し委員長が記名押印する。 

以上
平成22年8月11日
番組審議会委員長  北島 享

ページの先頭へ