番組審議会

第46回番組審議会

第46回株式会社FM島田番組審議会議事録

開会: 株式会社FM島田番組審議会は平成28年4月20日午前10時30分より、プラザおおるり第2会議室にて開催。委員4名の出席のもと、平野なおみ審議会委員長より開会が宣言された。なお、紅林眞実委員の欠席が報告された。

議題1 審議番組について

FM島田で放送する番組コーナー、「やいづイイトコレポート-今だけ、ここだけ、焼津だけ-」を審議した。会社から番組の概要を説明した。委員から感想などが述べられた。
中川委員「楽曲のBGMが会話中にずっと流れている所が気になった。耳に残る曲なので長いと思います。本人達はラジオで話すのが苦手と言っていましたが、二人とも話が上手なのでナビゲーターの佐藤さんが居なくても大丈夫だと思う。『しんえがおスターズ』の名前由来が“おんがえし”を並び替えて“しんえがお”という意味でしたが、ラジオだと聞き流してしまい分かりにくいので、はじめのうちは、説明すると分かりやすかったのでは。」
飯田委員「新番組なので、『しんえがおスターズ』の説明をもっと入れた方がよかった。FM島田で焼津をはじめ、近隣地域のコーナーを詳しく紹介していけば、リスナーにもっと広がっていくのでは。話している人数が多いので、話の進行が速く聞き難くなるので、ゆっくり話した方が聞き取りやすいと思う。」
平口副委員長「出演の二人が本当に楽しそうに笑って話していたので、聞いている方も楽しくなるコーナーだと思う。焼津市長がゲストという事で、内容が行政寄りの堅いものと思っていましたが、地元の魅力をやわらかく説明していたので、構えて聞く事もなく聞けました。市長が実際に楽しそうに話しているので、人柄が良く感じる事ができた。ゲストは市長自らが紹介していくとの事でしたので、次回からも楽しみ。」
平野委員長「BGMを上手に利用して、話題の切り替わりに使用すれば聞きやすくなると思う。海に近い地域のコーナーなので、防災関係が強いと思いましたが、“浜言葉”など地元では普通の言葉でも他の地域では耳馴染みが無いので面白いと思いました。この様に焼津のいい所を上手く紹介していた。しかし「焼津みなとまつり」が放送日近くに開催される前でしたが、特に内容が触れられていなかったので地元のイベント紹介も入れてみては。」などの意見が出された。

その他

飯田委員「今回の熊本の震災や、東日本の震災でラジオの役割が重要となった事もあり、新番組の『防災インフォメーション』はとても良い番組だと思う。」との意見に、会社側は、地元が大震災等で被災した場合のFM島田の対応を詳しく説明をした。
平野委員長「他にも新番組の『ラジメシ』『のみゼミアワ~』がとても気になります。」との意見に、会社側は「『ラジメシ』は前期から放送している『けーすけの“耳”八分目』の続編でパーソナリティを新しくしてご紹介していきます。『のみゼミアワ~』はまだ仮タイトルですが地元商工会の方達がお店等を紹介していく予定です。」と答えた。

次回、第47回番組審議会は、平成28年6月1日に開催する予定。

以上、第46回株式会社FM島田番組審議会は午後0時00分に閉会した。上記の議事の結果を証するため、ここに議事録を作成し委員長が記名押印する。                         
以上

平成28年4月20日 
                    
番組審議会委員長  平野なおみ

ページの先頭へ