番組審議会

第50回番組審議会

第50回株式会社FM島田番組審議会議事録

開会: 株式会社FM島田番組審議会は平成28年12月7日午前10時34分より、プラザおおるり第2会議室にて開催。冒頭、飯田千恵子委員の欠席が伝えられた。平野なおみ審議会委員長より開会が宣言された。

議題1 審議番組について

FM島田で放送する番組コーナー、「防災インフォメーション まもりびとしまだ」を審議した。会社から番組の概要を説明した。委員から感想などが述べられた。
紅林委員「この番組を担当している島田市危機管理課が行っている事業を述べているだけの番組。担当者が市民を守る為に、どのような事をしていくのかもっと考えるべき。危機管理課はまだ新しい課で、行政機関として何をしているのか市民はまだ分かり難い。パーソナリティとの掛け合いの中で、もっと踏み込んだ事例を入れたり、内容を取り入れてみるとよいと思う。4分間で情報をまとめてしている為、大変だと思うが、話が早くて聴きにくいところがある。」
中川副委員長「“秋の流行する病気”の中で、病名ばかりが紹介されていたが、実際病気にかかってしまった場合の対処方法や、病院の紹介などを入れるとリスナーは助かると思う。防災番組として大切な内容なので、過去放送したものを他の行政番組のように市のホームページで聴けるようにしてはどうか。紹介するものによっては、専門家の説明も必要なので実際に放送内に出演して話をしてもらえば分かりやすくなると思う。BGMが特徴ある音楽なので、この番組が始まるとすぐ分かるのでとても良い。」
平野委員長「災害時に市の備蓄品数などは分かりやすいが、各家庭ではどのくらい備蓄しておけばよいか分かり難い。もっと具体的な数字や、市民の皆さんが災害時等はどのような行動をとれば良いか。もっと踏み込んだ内容・アドバイスを取り入れてみると分かりやすくなるのでは。防災番組は市民に必須の放送なので、長く放送をしてもらいたいと思います。」などの意見が出された。

次回、第51回番組審議会は、平成29年2月16日に開催する予定。

以上、第50回株式会社FM島田番組審議会は午前11時58分に閉会した。上記の議事の結果を証するため、ここに議事録を作成し委員長が記名押印する。
以上

平成28年12月7日                     
番組審議会委員長  平野なおみ

ページの先頭へ