番組審議会

第58回番組審議会

第58回株式会社FM島田番組審議会議事録

開会:株式会社FM島田番組審議会は平成30年4月12日午前10時34分より、プラザおおるり第2会議室にて開催。中川泰典審議会委員長より開会が宣言された。

議題1 審議番組について

FM島田で放送する番組コーナー、「ひろめよう合掌のこころ」を審議した。会社から番組の概要を説明した。委員から感想などが述べられた。
浅野委員「日曜日の午前10時から放送ということで良い時間帯だと思う。パーソナリティ・住職ともにゆっくり話されているので聞きやすく、適任のパーソナリティです。仏教について聞いたり調べたりする方は少ないと思いますが、ラジオの場合は耳に自然に入ってくるので“仏教をひろげたい”という意味ではラジオ放送は効果的ですね。」
松島委員「番組の趣旨や説明が詳しくされていないので分かり難いと思う。同じ宗派の方は分かっても、他の宗教の方には分からない事もあるので説明は必須です。内容としては住職の話がとても良く分かり、しかもためになります。しかし、お寺に来てくれるようにもう少しお話された方が良いのではないか。」
紅林委員「近頃仏教をもっと広げよう。という活動があるので、このようなラジオ等のメディアを使い、広げていく事は新たなチャレンジだと思いました。番組のターゲットとする年代が分からないので、もう少しターゲットを絞り、その年代に分かりやすく伝えていく構成でも良いのではないか。」
飯田副委員長「宗教の内容なので放送に関して少し心配な面もありました。内容を聞いてみると、日常生活のためになる事柄もあり、自分達の年代では親や学校などで教えてもらう物事でも最近では習うことができていない子供達もいるので、聞いて学習してほしいと思いました。」
中川委員長「最初のBGMだといかにも仏教番組という始まり方をしている為、リスナーは難しい番組だと思ってしまう可能性もあるのではないか。住職の話など生活する上でためになる用語がたくさんあり、誰でも分かる内容だと思いました。番組構成で最後の終わり方が少し突然だと感じたので改善が必要。」と話した。

その他

中川委員長「4月からの番組編成、新番組などについて会社から何かありますか。」との問いに、
会社側は新たなコーナー、新番組について説明をした。

次回、第59回番組審議会は、平成30年6月14日に開催する予定。

以上、第58回株式会社FM島田番組審議会は午前11時50分に閉会した。
上記の議事の結果を証するため、ここに議事録を作成し委員長が記名押印する。
以上
                                       
平成30年4月12日                     
番組審議会委員長  中川泰典

ページの先頭へ